歯磨き粉の使用期限ってあるの?

歯の健康を保つために使用している歯磨き粉ですが、自宅で使用しているものに関しては毎日歯磨きをするため定期的に中身がなくなりますよね。

 

しかし、ストック用にと購入したものをすっかり忘れていたり、旅行用に購入して少しだけ使用してからそのまま忘れていた歯磨き粉など、思い出したときにふと「歯磨き粉の使用期限ってあるのかな?」と思ったことはありませんか?

 

現在、ほとんどの市販の歯磨き粉には基本的に使用期限が記載されておらず、薬事法では適切なの保存条件下で未開封の状態で3年間の品質保証ができない場合にのみ、使用期限を表示するように義務づけられています。

 

未開封なら製造日から3年

 

日本で製造されている歯磨き粉の場合、未開封で製造から3年間経過しても有効性、安全性、使用感において問題がないように製造されているため、使用期限の表示対象から除外されています。

 

しかし、歯磨き粉を製造している大手の多くのメーカーは、使用期限の表示の義務はないものの、製造年月日が製品に表示されていたり、箱入りの製品の場合には箱の底面に表示しており、製造日から未開封で3年までを品質保持期限としています。

 

未開封の場合でも、保管している状態が悪い場合には品質が悪くなってしまうことがあり、3年未満の製品であっても中身が変色していたりニオイがおかしかった場合、使用するのをやめておきましょう。

 

開封したら1年以内には使いきる

 

すでに開封してしまった歯磨き粉の目安としては、一般的に開封してから半年から1年以内に使いきり、それ以上経過しているものに関しては配合成分が劣化して、歯磨き粉の本来の効果を得ることができなくなる可能性があります。

 

こちらも未開封のものと同じで、保管している状態が悪い場合には開封してから半年から1年以内ではなくても、変色やニオイがおかしくなるだけではなく、水分が分離したり、歯磨き粉が硬くなってしまったりすることがあります。

 

開封してから日にちが経ってしまっている歯磨き粉を使用する場合には、中身の状態を確認してからにしましょう。

 

開封済の1年以上経過した歯磨き粉は何に使える?

本来ならば歯を磨くために使用する歯磨き粉ですが、開封してから1年以上経過してしまいどう考えても中身が劣化しているだろうなぁという歯磨き粉を、そのまま捨ててしまうのは何だかもったいない気がします。

 

歯磨き粉には研磨剤が入っているものが多いので、その成分をうまく使った活用方法を紹介しますので、ぜひ捨ててしまう前に試してみてくださいね。

 

水回りのお掃除に

 

クレンザーと同じような研磨作用があるので、蛇口の水あかやタイル、排水溝、流しなど水回りの石鹸カスなどにも使用することができ、キッチンではコンロ周りの焦げつきや汚れなどを、湿らせた布に歯磨きををつけて拭き掃除をしてもきれいになります。
また、ガラスや鏡を歯磨き粉で磨くことで汚れや細かい傷などもきれいにするため曇りどめにもなります。

 

シミを落とす

 

服についてしまったシミや、ワイシャツのえりやそでの汚れに歯磨き粉をつけて、歯ブラシで叩くように広げてから擦ると汚れが落ちます。
また、お子さんが書いてしまったクレヨンなどの壁の落書きや、スニーカーの細かい溝に入り込んだ汚れなども、歯磨き粉の研磨剤の粒子が隙間に入るため、歯ブラシで汚れをこすればすっきりと落とすことができます。

 

黒ずみをキレイにします

 

しばらく置きっぱなしにしてしまい、気がついたら黒ずんでしまったシルバーのアクセサリーに歯磨き粉をつけてから、柔らかい布で優しく拭き取るようにして磨くとピカピカになります。
しかし、強くこすってしまうとアクセサリーに傷がついてしまうため優しく磨いてくださいね。

 

嫌なニオイを消す

 

冷蔵庫の嫌なニオイにも歯磨き粉を歯ブラシにつけて冷蔵庫を掃除することでニオイが消えます。また、強いニオイで手についてしまうような魚、ニンニク、たまねぎなどを扱ったときに、歯磨き粉で手を洗うと、歯磨き粉の消臭効果によってニオイがなくなります。

 

 

 

使用期限が過ぎてしまった歯磨き粉を捨ててしまう前に、歯磨き粉に入っている研磨剤のおかげで、捨てなくてもさまざまな汚れを落とすことができます。

 

捨ててしまう前に歯磨き粉の歯磨き以外の、意外な使い方で色々なものをキレイにしてみましょう。

 

歯磨き粉といっても、その種類や製造しているメーカーはたくさんあり、その使用期限は商品によってさまざまなので、気になる場合にはメーカーに確認をしましょう。